カテゴリー
勉強・仕事

紙の本と電子書籍の使い分け-電子書籍人間になる方法

しどう
迷ってないでさっさと電子書籍人間になりなさい

 

紙にすべきか、電子書籍にするか一度は悩んだことがありますよね。

自分の場合は紙好きからkindleに行き、今はできるだけpdfで買うようにしています。

ここからはなぜ電子書籍(pdf)にすべきなのか、納得してもらい電子書籍人間になるためのきっかけを与えます。

紙のメリット・デメリット

まず、紙で持つメリット・デメリットを以下に挙げます。(紙のデメリットは、そのまま電子書籍のメリットです)

紙の書籍のメリット:

  • 所有欲が満たされる
  • ページをめくるスピードが早い?
  • 解像度が高い
  • 人に貸すときに便利(電子書籍よりも敷居が低い)
  • 売る事ができる

紙の書籍のデメリット:

  • 場所をとる
  • 持ち運びが不便(一度に2,3冊程度しか持ち歩かない)
  • 汚れる
  • 文字列を検索することができない
  • パソコンで書籍を見ながら打つとき、ブックスタンドが必要でめくるのが面倒

電子書籍人間になるために

上記紙のメリットを見て気づいたかもしれませんが、紙が電子書籍に買っている項目はあまり重要な事ではありません。

ただ一つ、「所有欲」が満たされるのは大事なことで、何かを買ったという実感を潜在的に求めていることもあるので、これは見逃せません。

もしあなたが、「なんとなく紙派はんだよなぁ、うまく説明できないんだけど」と言っている場合は、この所有欲に気づいていないからです。

つまり、電子書籍人間になるためには、自分が紙の書籍に対して所有欲を求めていることを意識することが効果的です。

この所有欲を捨てきれないために、電子書籍のメリットをすべて捨てていると思えば、電子書籍人間になるための入り口に立つ事ができます。

あ、あとは売る事ができるのも実は紙の書籍のメリットです。

AMAZONで小口出品(大口出品と違い、タダで使える)すれば、本はすぐに売れます。ただし、すぐに発送することが求められる(そうした方がよく売れる)ので、発送がめちゃくちゃ面倒です。1000冊とかあるのであればまだやる意味はあるかもしれませんが。。

 電子書籍の圧倒的メリット

何かを学ぼうとしたとき、電子書籍の方が圧倒的に有利です。

電車の移動中には読めるし、仕事中にもPDFで検索をかけてわからない事を調べることができます。

紙の本の場合は「この本を読もう」と決めて持ち歩かなければなりませんが、kindleならすべての本が即座に読めるわけで、気分に合わせて読みたい本(勉強したい本)をすぐに読むことができます。

IPadとpdfのコンビ

kindleでもいいのですが、kindleだと文字列の検索ができません。

なので、読みもの系はkindleでスマホでも読めるものを書い、技術系や勉強系はpdfで購入するべきです。

kindleとpdfを使い分ける

kindleのpdfそれぞれのメリットは、

kindleのメリット:

  • kindleは文字を大きくすることができるので、スマホ向き。
  • データ量が少ない

pdfのデメリット:

  • パソコンで開き、検索ができる。
  • どの端末でも見れる

つまり、さきほども言ったように

読みもの系はkindleで、勉強系はpdfが最強の組み合わせです。

紙の書籍の電子化は要注意

ちまたには紙の書籍を電子化するサービスが溢れています。

ただ、紙の電子化には大きな欠点があります。

欠点というのは「データ量」で、普通の電子書籍(pdf)を買った場合10MB以下になることが普通ですが、紙を電子化すると100MBは行きます。

10冊で1GBいくのでIpadを使いたい場合は結構不便です。

また、直接pdfを買った場合にくらべ解像度も高くありません。

ただ、持っている本が邪魔すぎるという場合は、電子化をおすすめします。

50冊で10000円くらいで2週間かかります

まとめ

  • 読みもの系はkindleで購入(スマホ最適)
  • 勉強系はpdfで購入(PC最適)
  • なるべく紙は買わない

作成者: しどう

ITエンジニア。本ブログの管理人をしています。
wordpressの勉強もphpの勉強も面倒なのでしません。

コメントを残す