カテゴリー
子育て

節約にも繋がるのは着せやすい服!保育園でも使えるこども服の選び方とおすすめブランド厳選2つ

最近0歳の子供の保育園入園が決まり、浮かれていたのですが、入園に向けて準備するものが意外と多く、焦り始めています。

そして、気づいたことが1つ。。。。。

今自宅で着せてる服は、意外と保育園では使えないということ。

もう少しちゃんと考えて購入しておけば、あれもこれも保育園で使えていたんだ、、、と後悔しています。

 

保育園ではお着替えが多く、自宅で洗濯が基本。さらに、保育園にストックも置いておかなければなりません。

なので、保育園に入れる前と入れた後では各アイテムの必要数が結構違います。ただでさえお金がかかるのだから、今自宅で着せている服が保育園でも使えたら、節約にもなります。

今回は、私自身の後悔した経験から『保育園でも使えるこども服の選び方』をご紹介します。

たてちゃん
全ての保育園には対応できていないと思います。でも、以下の事を注意して買っておけば、大体の保育園でOKが出るはずです。
たてちゃん
どのような服を買っておけば良いのか具体的に紹介していきます!

ポイントは『着せやすさ』

服を選ぶ6つのポイント

知り合いの保育士さんから聞いたところ、保育士さん目線だと、『おしゃれなんてさせなくて良いから、脱ぎ着させやすくて子供が動きやすい服を買って、、、』なんだそう。

1日に何度も何人も着替えさせなければいけないので、この意見は当然だなと思いました。ブランドものの服を着せたい、フリルの付いた可愛い服を着せたいという思いは、保育園では単なるママのエゴと見栄でしかありません。

たてちゃん
では、脱ぎ着させやすくて動きやすい服とは??

1.伸び縮みする生地

ズバリ、伸び縮みする生地は脱ぎ着させやすく、子供も動きやすいです。Tシャツや子供用スパッツに使われているような、薄くてしっかりとしたニット生地がオススメです。

2.ズボンはゴム紐

赤ちゃんのズボンはゴム紐のものが多いのであまり心配はいりませんが、海外ブランドなどではよく紐で縛って調節するタイプやボタンで留めるタイプのものを見ます。保育園では、できる限り手間を省くため、紐やボタンのズボンは禁止しているところがほとんどです。

3.装飾品は絶対NG

ボタン付きのシャツやリボンの付いたTシャツ、フード付きのパーカー、その他装飾品が付いた服は禁止の保育園がほとんどです。理由は、ボタンやリボンなどの装飾品が何かに拍子に外れてしまい、園児が誤飲してしまう可能性があるためです。

子供服を選ぶときは可愛い装飾品が付いている服をつい手にとってしまいがちですが、節約のためにぐっと堪えましょう。

うちの子の服は、このタイプが意外と多かったです。ボタン付きのセーターやシャツなどなど、、、

YUKI
ボタンもダメなんだ!
たてちゃん
パチンと留める、スナップボタンなら大丈夫かもね!

4.スカートはNG

女の子には着せてあげたい服の一つにスカートがありますが、スカートはNGの保育園がほとんどです。毎日のように外で遊ぶので、おしゃれ目的のスカートは必要ないのです。スカートだと転んだときに怪我しやすいですし、木の枝や遊具などに引っかかったりもしやすいですよね。

とはいえ、女の子なのに1着もスカート持ってないなんてかわいそう、、、と思うママは、お気に入りのスカートを数着だけ、休日に履かせることを目的に購入するのがベターだと思います。

※うちは男の子なので、スカートの写真がありません。

5.つなぎタイプの服はNG

一見着せやすいし動きやすいと思いがちな、ロンパースなどの上下がつながっているタイプの服ですが、実はNGという保育園、多いらしいです。うちの子が通う園もそうです(下着はつなぎタイプでもOK)。

理由は、ロンパースタイプはスナップボタンがたくさん付いているものが多く、脱ぎ着させるのに時間がかかるから。また、園児が少し大きくなると自分で着替えたりしたくなるため、上下離れているタイプの方が練習させやすいからだそう。

確かに、ロンパースタイプで脱ぎ着を教えても、今後は基本上下離れている服を着ることがほとんどなので、役に立たないですよね。

うちは、このタイプも多かったです。ロンパースは赤ちゃんらしくて可愛いので、つい買っちゃっていました。しかし、上着がめくれてお腹が冷える事がなく安心なので、パジャマだけはしばらくつなぎタイプのものを購入しようと考えています。

YUKI
思ってたよりも制限が多いんだね。

6.意外と盲点!素材は綿が無難

見落としがちなのが、服の素材です。こだわりのある保育園などでは、綿でないとダメ!というところも。

うちの子が通う園は『下着は綿が望ましい』そうで、その理由は、赤ちゃんは汗をよくかくし温度調節が苦手だから、合成繊維の温度調整をしてくれる下着をずっと着けていると温度調節が上手くならない、とのこと。

綿は汗をよく吸ってくれますし、温度調節機能もありませんので、下着の素材としてはベストですね。

今、ユニクロのエアリズムが非常に売れていて、ベビーの下着でも売られていますが、避けた方がいいかもしれません。実は私は去年の夏、子供が生まれたばかりの頃の子供の下着は半分くらいエアリズムでした。これから買う下着は綿にしておこうと思っています。

保育園でも着られる!シンプルで可愛いこども服ブランド厳選2つ

とはいえ、子供にかわいい服を着せてあげたい、というのも親心。

ということで、ここからはシンプルだけれど可愛い、そして安い(ユニクロ級)子供服ブランドを2つご紹介します。この2つのブランドなら、保育園でも着られる可愛い服が見つかりますよ。

NEXT

http://www.nextdirect.com/jp/ja/g632260s2#164017
http://www.nextdirect.com/CountrySelect

next

子供服、大人の服、生活雑貨まで売っているイギリスのライフスタイルブランドです。元気な子供らしいカラーが特徴で、クリスマスにはコスプレチックなコスチュームも販売されます。

うちでは、子供を産んでからこのブランドにかなり助けられています。下着や靴下、Tシャツは基本NEXTで購入しています。

実店舗は全国に12箇所あるのですが、私は行った事がなく、ネットの方が気軽で移動の手間もかからずオススメです。ネットでアップ画像を見られるので質感なども大体分かりますし、実際、届いた商品は全てしっかりとした生地でとても使いやすかったです。

Tシャツ8枚で2330円、1枚当たり約290円というセット商品や、ロンパース(NEXTではボディースーツと表記)が7枚で1940円、1枚当たりなんと約280円なんていうセット商品も!セットばかりではなく、もちろん単品でも様々なアイテムが売られています。

ユニクロではロンパースが2枚セットで約1070円で売られているので、1枚当たり約535円。ユニクロよりはるかに安いですね。ユニクロだと必ず誰かと被ってしまうからちょっと嫌だなと感じていたので、とても満足しています。

YUKI
うちでもNEXTには助けられています。コスパがよくておすすめです!

obaibi・okaidi

http://www.okaidi.fr/t-shirt-a-motif-jaune-banane-85427/
http://www.okaidi.fr/

obaibi-okaidi

フランスのベビー服・子供服・マタニティ服を取り扱うブランドです。フランスのブランドだけあって、ヨーロッパらしい優しい色使いのものが多いです。そのためか、とてもおしゃれで全然安っぽく見えません。

実店舗はららぽーとやイオンなどのショッピングモールにあります。しかし、日本では関東にしかなく、しかも4店舗と非常に少ないです。私は以前ネットで購入したことがあるのですが、ネットでも質感を拡大画面で確認できますし、実物も生地がしっかりしていて良かったです。

現在、ネットではTシャツが一枚4.99ユーロ(日本円で約650円)から売られています。また、ロンパース(okaidiではボディと表記)3枚で14.99ユーロ(日本円で約1950円)というセット物も。こちらも1枚当たり約650円ですね。

ユニクロではロンパースが2枚セットで約1070円で売られているので、1枚当たり約535円。若干ユニクロの方が安いようです。

が、断然、ユニクロより可愛いですし、他の子と被ることもかなり少ないですよ。

ただ、ズボンは紐やボタンタイプが多いので、購入前は要チェックです。

たてちゃん
ここまでは、保育園でも着られる服とオススメブランドを紹介しました。
たてちゃん
では実際、保育園用の服はどれくらいの枚数が必要なのでしょうか。

保育園のために揃えるべき枚数は、『各アイテム10枚』!

保育園で着替えるタイミングは主に食事後外遊び後の2つです。お昼ご飯を食べていたらこぼしてしまった、外で水遊びをしていたら濡れてしまった、など。

保育園では着替えの流れはこんな感じ↓

  1. 着替えのためにストックを必ず数枚ロッカーに入れておく。
  2. 汚れたり濡れたりしたら、保育士さんがその子のロッカーから着替えを取り出し、汚れた服は洗わずに袋に入れておく。
  3. お迎えの時にママがその袋を受け取って洗濯し、次の日に前日使った分だけロッカーに補充していく。

何回着替えるかはその日によって違うので、ロッカーに入れておくストックの数は各アイテム3〜4枚が一般的。

上下の服と下着(ロンパースタイプまたはセパレートタイプ)がそれぞれ3〜4枚必要なので、単純計算で1日に合計9〜12枚も必要。しかも洗濯のことを考えたらさらに倍の数が必要で、今日は洗濯できなかった、、、なんて日のことを考えたら、予備としてもう1セットずつは欲しい、、、私は各アイテム10枚ずつ以上あれば安心かなと判断しました。

■すでに購入していた服で、保育園でも使える服の枚数はこちら↓

  • 下着(ロンパース):3枚
  • 上着:4枚
  • ズボン:3枚

※ちなみに、保育園で使えない服は、この倍くらいありました、、、

■新たに購入した服の枚数は、こちら↓

  • 下着(ロンパース):8枚
  • 上着:8枚
  • ズボン:5枚
たてちゃん
正直、追加購入はこの半分に収めたかったです、、、

■保育園で使用する服の合計枚数は、、、?↓

  • 下着(ロンパース):11枚
  • 上着:12枚
  • ズボン:10枚
たてちゃん
お下がりをもらったりフリマなどで安く買ったりできれば、さらに節約ができます!

最後に

お子さんを保育園に入れる予定であれば、赤ちゃんの服装は保育園の規則に合わせたものを選ぶと節約になりますよ。

あれもダメ、これもダメ、、、と思い始めると、服選びがとてもつまらなくなってしまいますが、そもそも子供服は可愛いものが多すぎてパッと選べないこともしばしば。少しくらい規制がある中で選んだ方が、選びやすいかもしれません!

作成者: たてちゃん

一児の母で、現在子育て奮闘中。
デザイン系の仕事をしています。

コメントを残す