カテゴリー
子育て

圧倒的にコンパクトで安い!サイベックスイージーSとイージーSツイストを徹底比較!

2018年3月、ドイツベビーカーブランド、Cybex(サイベックス)から新商品が2種類発売されました。

その名も、EEZY S(イージー S)とEEZY S TWIST(イージー S ツイスト)。

一言で言うと、どちらも今までのサイベックス商品より安価でコンパクト

今回はこの2つの商品が、少し前に発売されて大ヒットとなったサイベックスミオスとどう違うのかを徹底比較します。

たてちゃん
ミオスの詳細は、別記事で紹介しています!

サイベックス ミオスが発売開始から人気うなぎ上りの13の理由。誰でもスマートに格好良く見える!

 

サイベックス イージーS
http://www.babyride.jp/product/99
サイベックス イージーS ツイスト
http://www.babyride.jp/product/95

3商品の簡単比較表

まずは、簡単にスペックの違いをお知らせします。

この表で注目する部分は、赤文字のところ。

 ■EEZY S(以下、イージーS)

サイベックスの中で一番安く、軽量のB型ベビーカー。

■EEZY S TWIST(以下、ツイスト)

ミオスよりも価格を抑えている、業界初の360度自由に回転できるシートユニット付きのA型ベビーカー。

どちらもコンパクトなサイズなので、狭い改札も楽々通れます。また、リクライニングはベルトで調節するタイプの無段階調整仕様のため、角度を微調整することが可能です。
たてちゃん
では、ここからそれぞれの商品の具体的な特徴をご紹介いたします!

EEZY S(イージーS)は、セカンドベビーカーに最適!

安い!!コスパ良し

33000円。サイベックスで一番安価な商品です。

B型ベビーカーの代表であるエアバギーは約70000円。イージーSはその半額以下です。ちなみにミオスは90000円超え。

確かに、全体的なぱっと見の印象や細部の造りは、プリアムやミオスよりも簡素な作りですが、33000円でこのデザインなら問題無い、というか、十分すぎるくらいです。

めちゃめちゃ軽い!

イージーSは、5.9kg。サイベックス商品の中で一番軽いです(ミオスは約9kg)。

例えば、しっかりとした造り且つ軽さを売りにしているベビーカーと比べてみましょう。コンビのスゴカルは4.9kg、ベビーゼン ヨーヨー プラスは6.2kgです。イージーSはこの2種類のだいたい中間ですね。

『しっかりした造りがいいけど、軽さは譲れない、、、』という方にぴったりのベビーカーですよ。

たてちゃん
ミオスの短所は重さ!
たてちゃん
重さを理由にミオスを諦めた人は、イージーSを検討してみては!?

超コンパクト!

起立時は幅45×奥行85×高さ103(cm)、折りたたむと、幅45×奥行25×高さ53(cm)。奥行き・高さ共に起立時の半分以下になります。

ちなみに、ミオスは折りたたみ時の大きさが幅50×奥行39×高さ72(cm)。イージーSとツイストよりも一回り大きい印象です。

片手で折りたたみは転倒の恐れがあるということで推奨はしていないのですが、先日店頭で試してみたところ、全く問題なく片手で折りたたむことができました。

※飛行機の機内持ち込みはできないようです。機内持ち込みをしたい場合は、ベビーゼンYOYOがおすすめ。

レインカバーは別売り

レインカバー、4000円もします。意外と高い、、、と思った方もいるはず。

ちなみに、ツイストにはレインカバーがついています。もし、ツイストは高いからイージーSにしよう、と妥協してイージーSの購入を考えていたとしたら、元々の価格差が22000円なので『+18000円でツイストのスペックにできる』と考えを変えて、ツイストにしたほうがいいかもしれませんよ。

サスペンションは付いているけど、、、

EEZY S TWIST(イージー S ツイスト)は、最もバランスの良いベビーカー!?

ツイストの一番の売りは、ずばり業界初(※2018年5月現在)の回転式シートユニットです。なんと、シートを本体から外さずに自由に回転させることができるんです。

この機能を使えば、狭い場所でもシートの向きを変えることができるので『車体の向きを変えずに赤ちゃんをママの方に向かせる』こともできます。

たてちゃん
狭いカフェなどに入ったときに、かなり便利な機能です!

ただし、赤ちゃんを乗せたまま回転させることは推奨していません。手や足を挟んだりしてしまっては大変なので、赤ちゃんを一度抱っこしてからちょうど良い角度に回転させましょう。

http://www.babyride.jp/product/95

A型ベビーカーの中では標準的な価格

ツイストは、55000円。ミオスとイージーSのちょうど中間くらいの価格ですね。

現在売られているベビーカーで、ツイストに似たスペックのものと比べてみましょう。

例えばアップリカのスムーヴ スマートブレーキは66000円。コンビのスゴカルは58000円です。ツイストは、これらのベビーカーよりも少し安いですね。デザイン性やスペックから見ても、コスパはかなり良い方です。

コンパクトさはイージーSと全く同じ!

付属品にレインカバー

たてちゃん
スペックは、ミオスと似ているな、という印象。

たてちゃん
①月齢の低いうちから使いたい人、②高いスペックをお手頃な価格で手に入れたい人におすすめの商品です!

まとめ

イージーSもイージーSツイストも、海外ブランドベビーカーの中ではかなりコンパクトで安価です。どちらもデザイン性は抜群ですし、価格の割に造りもしっかり。

発売されたばかりのベビーカーなので、あまり被らないのもうれしいですよね。

たてちゃん
今はミオスを使っていて、とても満足しています。が、、自分の子供がもう少し遅く生まれていれば、きっとツイストにしていたと思います!笑

作成者: たてちゃん

一児の母で、現在子育て奮闘中。
デザイン系の仕事をしています。

コメントを残す