カテゴリー
ガジェット(家電等)

格安スマホ・格安SIMの仕組みと乗り換え方法をゼロから説明する

格安スマホと格安SIMの意味がいまいちわかっていない人のためにしっかりと説明します。

自分も初めは意味がわからず、調べまくったのですが、なかなかしっかり説明しているサイトがありませんでした。

格安SIMにすることで月額3000円ほどは安くなります。

また、どんなスマホを使っていようと基本的にそのままスマホを使い回すことができます。

しどう
絶対格安SIMを使った方がいいす

SIMとスマホ

本当にゼロから説明します。知っている方は次の項目を読み進めてください。

SIMとは、スマホに挿すネットワークで通信を行うためのカードです。このSIMは必ず一社と契約します。

スマホはみなさんご存知のiphoneとかですね。

SIMをスマホに挿すことで、スマホがインターネットに接続できるようになります。

よくある格安SIM・格安スマホの勘違い

数人に説明したことがあるのですが、一番多い勘違いが、「SIMフリースマホ」と「SIM」を混同してしまっているパターンです。

SIMフリースマホとは、その名のとおり、どんな会社と契約したSIMでも挿せるスマホです。SIMはどこかの会社と契約する必要がありますが、スマホ自体はべつに契約しなくても使えるものです。

ここを切り分けて別のものとして認識してください。

SIMフリースマホとは反対の概念として、「SIMロックスマホ」と呼ばれるスマホがあります。

これは、契約した会社のSIMしか挿せない(使えない)ようにスマホ側にロックをかけたスマホです。

使う側にとってみればこれは何もうれしくないのですが、キャリア(au,docomo,softbankなど)にとってみれば、乗り換えしづらくさせることができるのでメリットがあります。

なので、キャリアで買ったスマホは必ず「SIMロックスマホ」です。あなたがAUでスマホを契約して買ったのであれば、AUでしか使えません。

ここで一気に説明してしまいますが、「SIMロックスマホ」は、キャリアに持っていけば「SIMフリー」にしてもらえます。

大手キャリアはこれまでどうしてもSIMロックにしたかったのですが、海外のそれとくらべて料金が高すぎるということで政府からのお達しで、解除できるようになりました。

しどう
絵を書き始めましたが、なかなか難しいす。。(wacomのintus drawとかいうペンタブを使ってます)

格安SIMを提供するMVNOと呼ばれる事業者

なぜ格安SIMが登場したかですが、

大手キャリアが馬鹿高い契約料金を設定しているために、上から圧力がかかり、「他の事業者に電波貸せよ!お前ら」と言われたためです。

法律的にどうなっているのかは詳しく自分も知らないのですが、

ある程度の拘束力があるので、大手キャリアが「電波かして!」と言われたら特別な理由がない限り断れません。

この借りる側の事業者を「MVNO」と呼び、正式名称は「仮想移動体通信事業者??」と言われます。

これは別に覚えなくてOKですが、MVNOがそういう言葉であることは覚えておいてください。

格安SIMを使う場合、この「MVNO」と契約する必要があります

MVNOが電波を借りる相手

先ほど説明した通り、MVNOは電波を借りる相手を選びます。図にすると以下のようになります。

(主要なMVNOしか書いていません)

しどう
絵にする意味はあまりありません。。ペンタブ使う練習です

 

ここで、もしあなたがauのスマホ(SIMロックスマホ)を持っていたら、そのままauから電波を借りているMVNOの「mineo」と契約して使うことができます

ここがミソで、あなたがどこでスマホを買った(契約)したかで、どのMVNOを選ぶかがある程度限定されます。

逆に言えば、softbankでロックされたSIMロックスマホを、softbankの電波を使っていないMVNO(例えばmineo)では使えません。

SIMフリースマホの場合はどのMVNOとも契約して使えるので、新たにスマホを買う場合はSIMフリースマホを書いましょう。ビックカメラなどで販売しています。

MVNO(格安SIM)の間に差はあまりない

MVNOもいろいろ種類があるのですが、めちゃくちゃな数あるので、選ぶのはかなり面倒です。

しかも100円/月くらいの差しかないので、悩むよりは有名どころを使ってしまうのがおすすめです。格安SIMにするだけで3000円/月下がりますから。

MVNO(格安SIM)のデメリット?

格安SIMのデメリットは、電話料金がすこし高いことと、スマホが壊れたときの保証が弱いことです。

ただ、通常通り使っていればよほどのことが無い限りは、格安SIMの方がいいです。

通話に関してはLINEでも電話ができますし、一定時間以内の通話なら格安SIMでも無料にしているところもあります。

大手キャリアの契約料はスマホ代を含んでいるので保証があって当たり前です。保証なんてなくても画面の我くらいなら10000円で直せますし、新品を買っても20000円で十分なスマホが買えます。

キャリアと契約した場合は3000/月高くなるので、年間36000円高くなり、新品のスマホなんて余裕で買えます。

結果的に、格安SIMのデメリットはあって無いようなものです。

たてちゃん
iPhoneが使いやすくてずっと使ってるんだけど、もし故障して新しいiPhoneを買おうとすると36000円じゃ利かないから、保証が弱いのは気になっちゃうんだよね、、、
しどう
iphoneはappleの保証がしっかりつくから問題なかった気がするな。
たてちゃん
そうなんだ!だったら私も格安SIMに切り替えようかな。

余談

大手キャリアは「スマホ代金実質無料!」などとうたっていますが、5000円/月の契約料の中に端末代金が含まれています。

しかも2年ごとに無料で機種交換できるということは、実質「2年ごとに強制的にスマホを買わされている」のと同じです。

2年間で機種を交換しない人は損をするような仕組みになっていました。これはいただけません。

さらに契約プラン自体も難解複雑で、なるべく消費者から金を搾り取ろうとしてきます。

もちろん、キャリアの契約プランが利益を最大化するように設計されたものであるので、企業のそれとしては正しい行動かもしれません。自分が経営者でもおそらくそうするでしょう。

ただ、大手キャリアでグルになって消費者を騙そうとするのは腹が立ちますね。

しどう
ソフトバンク用のipadを格安SIMで使えるMVNOを別記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

作成者: しどう

ITエンジニア。本ブログの管理人をしています。
wordpressの勉強もphpの勉強も面倒なのでしません。

コメントを残す