カテゴリー
ガジェット(家電等) 在宅勤務環境

象印コーヒーメーカー「Stan」レビュー。在宅勤務・テレワーク環境整備

在宅勤務に伴って、象印のコーヒーメーカー「Stan」を購入したので、レビューします。

黒を基調とした光沢の少ないおしゃれなコーヒーメーカー

選ぶ際のポイントにしたのは、

  1. 安い
  2. 手入れしやす
  3. おしゃれ
  4. コンパクト

の4点で、一番重要なのは手入れのしやすさ。

コーヒー豆を挽くミル付きのコーヒーメーカーは手入れが面倒で、洗浄できない部品もあるため、手入れのしやすさを重視しました。

選んだ理由

コーヒーメーカーの種類と手入れのしやすさ

コーヒーメーカーは様々な種類があります。

サイフォン式、ミル付き、洗浄機能付き、全自動式など。

サイフォン式はおしゃれでカフェみたいですが、絶対手入れがめんどくさい。。。

ミル付きや全自動式などはコーヒー豆を挽く手間はかかりませんが、豆を挽いた後の粉や屑がどうしても部品の隅に残ります。

放っておくと衛生的によくないですが、毎回毎回部品を分解して、一つ一つ手入れするのは非常に面倒。

ということで、豆をすでに挽いてあるコーヒー粉を購入するか、コーヒーミルを別途用意することにしました。

いまのところは粉を買うことにした

ボーレックスのコーヒーミルが有名です。まだ購入しておらずコーヒー粉で我慢していますが、いずれこのコーヒーミルを買いたいと思います。

製品詳細

今回購入した「Stan」の詳細です。

10,000円のお手頃価格、コンパクト、とてもおしゃれでコスパの良いコーヒーメーカーです。

最大で3人分のコーヒーしか作れませんが、作り置きはコーヒーの風味が逃げてしまうし、友人を招いたとしても2回に分ければいいので全然問題ありません。

(友人を毎週招いている方はコンパクトではなく、6人用くらいのコーヒーメーカーをどうぞ笑)

Stanの使い方

ガラス製サーバーを取り出して、ドリッパーと紙フィルターをセットします。その後、計量スプーンを用いて挽いたコーヒー粉を飲みたい量に合わせて投入します。

計量スプーンとタンクには分量が記載されているので、コーヒーの分量、水量を覚える必要もありません。

すぐに覚えるのでもう見ていないですが、友人を招いた時や最初は意外と便利です。

マグカップ/コーヒーカップで必要なコーヒー粉の量が記載されている
水を入れるタンクで、こちらにも分量が記載されている

まとめ

ほかのコーヒーメーカーを使ったことがないのですが、やはり手で入れるよりは格段に便利です。

コーヒーを一杯いっぱい入れるのが面倒な人や、コーヒーメーカー掃除をしたくないライトユーザー向けですね!

ぜひためしてみてください

作成者: YUKI

工学博士 / 長期の研究留学を経験 / 某化学メーカーで研究開発職

コメントを残す